◆ はじめに ◆

道の駅「川口あんぎょう」
私が一番最初に訪れた道の駅第一号です。

「川口あんぎょう」の存在は、以前からネットで知っていました。
しかし、実際に訪れるのはこの日が初めてです。

この道の駅自体はただの緑化センターなんですが、
訪問したときは何故か鳥肌が立ち、目頭が熱くなるほど感動しました。

これから紹介する内容は当時の道の駅のレポートです。
かなり古い情報もありますが、そこは修正せず、
そのまま掲載することにしました。
あまりにも古い情報は黄色い文字で補足してあります。

それではお楽しみください!




川口・あんぎょう
かわぐちあんぎょう

訪問日:2003年5月22日(木)

国道4号線を東京方面ヘ向かい、国道298号線を川口方面へと向かう。
すると草加市と川口市の境付近に、5階建ての巨大な建物が見えてきます。
それが道の駅「川口・あんぎょう」、別名:川口緑化センター樹里安(ジュリアン)です。




駐車場入り口。

撮影器具は、5000円で売ってもらった
30万画素のデジタルカメラ。正直、性能が悪い。






さっそく車を止めて探索することに。
駐車場は少し混んでいたが人数は少なかった。






少し離れたところで建物を撮影。見づらいが、
白い建物の右上に樹里安(ジュリアン)と書いてあります。
それと、建物の左側に突き出しているガラス張りの部分は、
観葉植物売場と多目的ホールになっています。

ちなみに撮影場所は、植物取引センターの敷地内から。
ここも一応、道の駅の駐車場になっています。






それでは施設内へ。

緑化センターだけあって、沢山の植物が販売されています。
価格も10万円以上する高価な植木が売られていました。

それにしても人が見あたらない・・・
まあ、人混みは苦手だから丁度いいや。






1階は植物の販売とお土産コーナーです。
コーナーの一角には休憩所があります。

2階は安行植木の資料展示場と、
レストラン(ローズ)があります。


2階へ上がる階段の途中には、
わらで作った巨大なヘビ?が飾ってあります。





いきなり5階の休憩所へ。
階段だと辛いのでエレベーターで移動。

ここには、最新の造園技術を駆使した屋上庭園があります。
しかし、デジカメの不調で画像が撮れていませんでした。

ちなみに3階は会議室で、4階は事務所になっています。






5階の休憩所から眺めた風景。
遠くに森林が見える。あの向こうは一体・・・




道の駅周辺



せっかくなので道の駅周辺も探索してみる。

5階から見た森林が気になっていたので、
そこまで歩くことにしました。

普段は歩かないのでいい運動になりそうだ。






ずっと歩いていくと景色が一変し緑が多くなってきた。
この先に一体何が待ち受けているのかっ!?

フツフツと不思議な衝動に駆られつつ、
私はゆっくりと歩を進めた・・・






コンビニかよっ!(三村風)

行き着く先は「かしや」だった。
これ以上先に進むなと言わんばかりに赤信号。
何とも言えない脱力感を覚えながらきびすを返した。




おみやげ



探索を終え、再び道の駅に戻り、
記念にお土産の「樹里安」を購入。

これが川口あんぎょうの名物らしいです。
10個入り、1350円税抜きだったかな?値段は少し高めですが、
中身は洋菓子みたいな・・・和菓子みたいな・・・よくわからん。
でも美味しかったです。他にも色々なお菓子がありました。





感想

本当はもっとお見せしたい画像がいっぱいあったのですが、
デジカメの不調
で、いいシーンがほとんど写っていませんでした。
(当時、私が持っていたデジカメは、カメラにモニターが付いて
いなかったので、その場で撮影画像の確認ができなかった)


埼玉県にはこうした道の駅が全13駅
(2003年の当時)あります。
東京以外
であれば、どこにでも道の駅はあるので、
是非、小旅行の気分で行ってみてください。
(現在は東京にも道の駅があります)

また現実逃避がしたくなったら、他の駅にも行ってみたいと思います。
もちろん好評であればレポートもします。でもその前に、
新しいデジカメ買わなきゃね。それではこの辺で。







さあ 帰ろうか・・・